LPI資格はLinuxを使う技術者にとって必要

LPI資格はLinuxを使う技術者にとって必要

LPIの資格は会社や公的機関において技術スキルを知るうえで採用されています。

 

LPIは客観的な判断基準として採用され「取得推奨資格」に位置づけられています。
就職前に、LPI認定を持っていると、就職活動にはとても有利になります。

 

Linux技術者は今、必要とされています。だからこそ、就転職活動のときに、履歴書に書くだけで、あなたの技術スキルが認められて、即採用ということにもなります。

 

また、IT系の会社では、従業員にLPIの取得をとるように指導しています。
このLPICに合格すると一時報奨金が支給されたり、昇給をするという企業も多くなって、LPI認定者は在職していても有利になるのです。

 

その資格を在学中にとっておけば、勉強する時間はあるわけですので、IT企業に就職せずに使わなかったとしても、転職する際には有利になります。

 

LPIは需要が高いため、不況に強い資格とも言われています。

 

転職登録会社でもIT関係の技術者は重宝される

IT関係の転職登録会社でも広くエンジニアを募集しており資格を持っていると、書類審査でも有利に働きます。

 

LPI認定試験の内容

LPI認定試験には、レベル1とレベル2があり、レベル1は、Linux の概念や基礎的な操作から幅広く出題されます。
レベル1はLinuxユーザーを含む全てのITプロフェショナルを対象としているためです。

 

レベル2は、レベル1に加えて、システム管理者・システム構築者・プログラム開発者も対象としています。
サーバ構築やネットワーク管理を中心とした出題になっています。

 

LPI認定試験対策講座では

「LPI認定試験対策講座」は、この2つのレベルに完全に対応しています。
改訂されたVer.3.0にも対応していますので試験対策には最適の教材といえるでしょう。※レベル1とレベル2は別教材です。

 

LPI認定試験対策講座費用

講座名月額制6ヶ月制
LPI認定試験対策講座レベル16,615円(税込)サポートなし
43,890円(税込)
サポートあり
31,500円(税込)
LPI認定試験対策講座レベル26,615円(税込)サポートなし
43,890円(税込)
サポートあり
31,500円(税込)