ネイティブスピーカーとは

ネイティブ・スピーカー

ネイティブとは覚えたい言語の国に生まれたことをいいます。

 

一般的に、ネイティブとネイティブ・スピーカーは覚えたい言語の国を母国とし、その言語を喋れる人の事をいいます。

 

たとえば英語を覚えたいすれば、英語を話すアメリカ人やイギリス人になり、ドイツ語を覚えたいとすればドイツ人になるのです。

 

外国語を覚えたいとき、このネイティブ・スピーカーと話すのはとても重要なことです。

 

テレビとかみていて日本人が英語を話すとき、やけに聞き取れると思うことはありませんか?
英会話が出来ない人間にわずかに覚えている英単語で聞き取れるというのは、まさに日本語訛りの英語を話しているからです。

 

英会話を発音をよく話したいと思ったら、やはりネイティブと話しているに限ります。
まして、それが講師となると、「今のは発音が悪い」とか「今の発音では通じない」と指摘してくれます。

 

ネイティブ講師とのマンツーマン

ネイティブ講師

ネイティブといわなくても私の周りには日本人で英語を話せる人がたくさんいました。

その中でもやはり海外生活していた人は発音が違います。
私はよく真似をしていました。そういう人は英語独特の発音を出す口の動きが違うのですよね。

 

最初のネイティブ講師は就職してすぐの頃、会社での英会話レッスンでした。
そのネイティブ講師はとても日本語がうまく日本人でさえ書けないような漢字もスラスラ書いていました。

 

もちろん日本語の発音もうまいです。声だけ聞いていたら外人とは思わないでしょう。

 

その当時は少し英会話を話せるようになりました。
でも、会社を辞めてしまい、英語との接点がなくなると、やっぱり序々に忘れていくものです。

 

そんなとき外人の知り合いが出来ました。
でも、彼女は日本語があまり出来ないのです。お互い知っているわずかな相手国の単語を使い、意思疎通までずいぶん時間がかかることもありました。

 

そのとき思ったんです。「ただネイティブでも仕方ないなぁ」って。
講師であれば日本語がわかるわけですから自分の悪い発音など気が付いて注意してくれますから。

 

>>> ネイティブ教師とマンツーマン英会話の詳細 <<<

 

 


ネイティブ講師がいるイングリッシュタウンに入ってみました

オンライン英会話スクールのEnglishtown

ネイティブ講師が相手をしてくれる英会話スクールのイングリッシュタウンに友達が受講していたので私も体験入学してみました。
体験入学は入会金無料で7日間、受講できます。

 

それにオンラインで自分の好きな時間に受講できます。

 

コースも「グループレッスン」「プライベートレッスン」と選べるようになっていて「プライベートレッスン」では予約した時間にネイティブ講師にレッスンを受けることができます。

 

実は専門知識があるネイティブにレッスンを受けたかったからというのも決め手の一つでした。

 

ただ、私が思うおススメは、まず、体験レッスン ⇒ グループレッスン ⇒ プライベートレッスンのほうが自分に合わなかった場合、金銭的に無駄がないように思いました。

オンライン英会話の口コミはこちら・・・

 

イングリッシュタウンのコース料金

※初回登録の場合、初月に入会費10,500円が必要となります。

 

期間限定7日間体験レッスン

初回登録に限り7日間体験レッスンを利用できます。
このとき入会費は必要ありません。

 

体験レッスン期間中はオンライン自己学習教材とグループレッスン15回が利用できます。
また、選択すると毎日の無料レッスンメールが届きます。

2週間無料お試しの詳細をみる・・・

 

Online Schoolコース

グループレッスン月30回 6,900円/月 毎月更新

 

Private Teacherコース
  • プライベートレッスン月4回予約コース 18,000円/月 期間:6ヵ月
  • プライベートレッスン月6回予約コース 25,800円/月 期間:6ヵ月
  • プライベートレッスン月8回予約コース 31,200円/月 期間:6ヵ月
  • プライベートレッスン月8回予約コース 28,000円/月 期間:12ヵ月

このコースに限り上記の月額費の他に教材費6,300円、英会話力診断テスト代8,800円が別途かかります。

 

このコースの7日間体験レッスン期間中に、プライベートレッスン1回、グループレッスン3回、スクールページでの自己学習コンテンツが使い放題となります。

 

>>> イングリッシュタウンの詳細 <<<

 

オンライン英会話