何回受験しても得点がとれないTOEIC

TOEICで得点が伸びない

勉強しても勉強しても、何度、受けても、TOEICで得点が伸びませんでした。
もう諦めようかとも思いましたが、仕事でどうしても必要だったのです。

 

このまま、TOEICで高得点がとれなければ、つきたい職種につけないどころか、会社も辞めなければならなくなります。

 

このご時勢、会社辞めてもなぁと思うし、このまま、総合職では昇給も昇進もありえないし。。。

 

配置換えを願い出たい部署では膨大な英語で書かれた資料を読む必要がありました。
もちろん、それを簡潔に翻訳して日本語の資料を完成させなければなりません。

 

外国人との折衝も多く、ネイティブとの英会話などというものではありません。
私は、どうしても、その部署に移りたかったのです。

 

その条件がTOEICでの高得点だったのです。
当然、その部署の社員は皆TOEICリーディング・リスニング共に400点以上、総合で800点以上です。

 

もう、最後の望みの綱で「スーパーエルマー」を購入しました。
この「スーパーエルマー」はCDが送られてくるので忙しい私でも暇をみつけて勉強することができます。

 

よくあるオンラインの授業では無理なのです。コンピュータの前にいることも出来ないことが多いですから。
CDや教材だと電車の中など車を運転しない限り、移動中でも勉強できますしね。

スーパーエルマーでTOEIC高得点をとった人の証拠をみる・・・

 

スーパーエルマーの威力

スーパーエルマーに望みをかける

スーパーエルマーをやってみて、Webにも「諸悪の根源”返り読み”」と書いてありますが、まさに私は返り読みをしていたことに気が付きました。

 

これではどうしても英文を読むのに時間がかかりすぎていたのです。
まさに目からうろこ状態でした。

 

「VOAコース」「CBSコース」と続けて1年ほどかかりましたが、ようやくTOEICで800点ギリギリとれました。

 

泣けるほどうれしかったです。
途中、挫折しそうになりましたが、次の教材がくるまでに、今月の教材を消化しなくてはいけないと自分を励まして頑張りました。

 

おかげで部署を転部することが出来たのです。
まさに頑張れば夢はかなうということですよね。いやいやスーパーエルマーのおかげです!

 

10日間の無料視聴

スーパーエルマーには10日間の無料視聴というのがあります。
まず、これで自分に合うのか合わないのか試しました。お金を払っても続かないのならもったいないですから。

 

視聴で気に入れば毎月送ってくるようになります。

10日間の無料視聴の詳細をみる・・・


TOEIC・英検の対策教材の価格

学習のペースは自分で決めることができ、中途退会と再開は自由です。

 

スーパーエルマー「VOAコース」初・中級者向け
  • 受講対象:TOEIC600点未満、英検3級〜2級程度
  • 教材内容:リスニングCD12枚、Hyper-speed CD6枚、講義CD1枚、テキスト6冊、スタディガイド1冊、テストCD1枚
  • 配布形態:2講ずつ、6ヶ月順次配送(全体を6か月から12か月かけて学習)
  • 教材金額初回のみ 11,025円、翌月から5ヶ月間 7,875円/月

VOAコースの総受講料は50,400円になりますが「一括払い」で支払うと割引価格 47,250円になります。
この場合、残りの教材(第2回〜6回目)が一括して、1週間以内に届けられます。
早く習得したい、勉強する時間的が十分とれる人は一括払いがお得です。

 

スーパーエルマー「CBSコース」上級者向け
  • 受講対象:TOEIC600点以上、英検2級〜準1級程度
  • 教材内容:リスニングCD12枚、Hyper-speed CD6枚、講義CD1枚、テキスト6冊、スタディガイド1冊、テストCD1枚
  • 配布形態:2講ずつ、6ヶ月順次配送(全体を6か月から12か月かけて学習)
  • 教材金額初回のみ 11,550円、翌月から5ヶ月間 8,400円/月

 

CBSコースの総受講料は53,550円になりますが「一括払い」で支払うと割引価格 50,400円になります。
この場合、残りの教材(第2回〜6回目)が一括して、1週間以内に届けられます。
早く習得したい、勉強する時間的が十分とれる人は一括払いがお得です。

 

 

>>> TOEIC対策教材 スーパーエルマーの詳細 <<<

 

スーパーエルマーは厚生労働大臣指定講座

スーパーエルマーは厚生労働大臣が指定した講座です。
そのため、「教育訓練給付制度」が使えるということなります。
この「教育訓練給付制度」を使うと、受講後、受講料の2割が国から支給されるのです。

  • CBSコース 受講料:50,400円 − 支給額:10,080円 =差額:40,320円(自己負担額)
  • VOAコース 受講料:47,250円 − 支給額: 9,450円 =差額:37,800円(自己負担額)

 

給付対象者
  • 受講開始の時点で、雇用保険の被保険者期間が1年以上
  • 転職等で複数の事業所に勤めていた場合も通算で1年以上(2回目以降は前回の利用から3年以上)あれば対象
  • あるいは過去に1年以上雇用保険の被保険者(制度の利用が2回目以降の場合は3年以上)ただし受講開始日が被保険者でなくなった日(離職日の翌日)から1年以内であることが条件

 

TOEIC