予備校のメリットを活かすコツ

大手予備校のメリットを活かすコツ

大手予備校で実力を伸ばすコツは、「自分の実力に沿った講義を選ぶ」ことに尽きます。

 

予備校の講義には豊富な種類があり、細かくレベル分けされているのは知っていますよね。

 

自分の実力に合った講義を選んで、適切な種類を受講できれば、医学部に合格できるだけの実力を身に付けることができるのです。

 

ただ、これは「自分の実力に合った講義」を受講できた場合に限られます

 

上のクラスに入れば良いという多くの受験生の過ち

多くの受験生の過ち

多くの受験生が勘違いしているは、「上のクラスに入りさえすれば良い」と思ってしまっているところです。予備校の場合は、上のクラスが良いとは限らないのです。

 

たまたま、上のクラスに合格して喜んでいても、授業の内容が理解できなければ、何の意味もないのです。

 

私立医学部は基礎問題で高得点が合格への最短ルート

私立医学部の場合は「基礎問題で高得点争い」になります。超難問は出題されても、ほとんどの受験生が解けないため、正しい解答が出来なかったとしても問題ではありません。それより、「基本問題を確実に回答し得点すること」が合格への道です。

 

つまり、基礎問題を確実に得点がとれるよう最善を尽くした対策をすることが、私立医学部合格への最短ルートです。

 

上のクラスに入って、応用問題ばかりやらされても、基礎が出来ていなければ、勉強しても無意味です。基礎が固まっていると、自然と応用力はついていきます。

 

ですから、本当に自分の実力に適したクラス・講義を選びましょう。

 

選択したクラスで基礎を固めてから、実力をつけて、応用問題や難問に取り組むようにするのがベストな対策と言えます。

 

受験生は自分の実力を把握しきれていない

ところが、受験生は自分の実力を正確に把握しきれていないのです。

 

予備校で本当に自分に合った講義を選ぶことができる受験生はごく少数で、どの講義が良いのか、深く吟味する時間は医学部受験生にとってはないと言ってもいいのです。やろうとすれば、大きな時間のロスになってしまいます。

 

このような場合、私立医学部専門の家庭教師というのも一つの手です。

私立医学部専門の家庭教師というのも一つの手

 

私立医学部専門の家庭教師なら、あなたの現時点の実力を正確に把握して、医学部に合格するために、今、受験生に不足している勉強を見極めて対策するでしょう。

 

また、基礎が固まり、受験生の実力が上がると見極めたタイミングで、応用問題や難問までレベルアップした対策を行うのです。

 

私立医学部の大学別に出題傾向を分析・把握

当然、大学の学校ごとの出題傾向を分析・把握しているので、大学別の医学部対策も可能です。医学部合格に必要な内容に絞り込んで対策するので、最短ルートで医学部合格ができる対策と言えるでしょう。

 

予備校では、なかなか成果が出ないと思っている人は、対策の一つとして検討してみてはどうでしょうか。