医学部専門予備校の利用

医学部専門予備校の利用

医学専門予備校というがあります。

 

医学専門予備校は医学部受験に特化した予備校です。

 

この予備校のメリットは、一般的な予備校に比べると、少人数クラスのため、生徒一人ひとりに行きとどいた指導法をとっているところがほとんどです。

 

医学専門予備校のデメリット

 

医学部での進級ではひじょうに苦労する可能性が高

医学専門予備校は、良いことばかりのようですが、この面倒見の良さが、医学専門予備校の落とし穴なのです。

 

医学専門予備校の面倒見の良い指導に慣れることによって、自分で勉強法を考える自主性が育ちにくいと言う問題があります。自分で勉強できる能力がなければ、合格したとしても、何をどう勉強してよいかわからないのです。

 

医学部に入校できたとしても、医学部での勉強は、一般的に受験における勉強よりも相当、大変だと言われています。そのような状態では、自主的に勉強を進める能力が身につかないというのは、とても本人にとって致命的にもなります。

 

医学部に入学できても進級に苦労する

 

医学部での進級ではひじょうに苦労する可能性が高

医学部では教科書を指定されて、その教科書通り勉強するような学校とは違い、基本的に自分にあったもの、使いやすものを選んで使用します。そうしたとき、自主学習の力がないと、自分にはどれが最適な良書なのか選べません

 

せっかく入学することが出来たとしても、医学部での進級ではひじょうに苦労する可能性が高くなります。

 

私立医学部専門の家庭教師という手段

 

このような場合に、私立医学部専門の家庭教師というのがあります。この家庭教師を利用するのも、これら自主的な学習法を覚える一つの手です。

自主的な家庭学習も指導

 

私立医学部専門の家庭教師なら勉強の自主性も教える

私立医学部専門の家庭教師なら、受験対策として、一人ひとりの学力に合わせて対策するだけではありません。正しい勉強のやり方から細かく教えていくのです。

 

家庭教師が行う勉強以外にも、当然、自分でも勉強を進めなくては、医学部には合格は出来ません。そのために、私立医学部家庭教師は、学校別の医学部対策と同じ様に、自主的な家庭学習も徹底的に指導します。

 

自学自習でも効果の出やすいやり方を指導してもらうことで、私立医学部に合格するための効率的な学習を一人でも進められるようになるのです。指導されるだけの勉強ではないので、これは効果は大きいのです。

 

正しい勉強のやり方は医学部入学後でも役立ちます。

 

医学部専門予備校で、思うような成果が出せない場合や、予備校を対策として考えている人は検討してみてはいかがでしょうか。