多くの受験生が通う予備校について

多くの受験生が通う予備校について

受験生なら予備校には通うと思います。

 

あなたは正しい予備校の利用法を知っているでしょうか?

 

現役合格に失敗して浪人になってしまう受験生の多くが、予備校の正しい利用を、知らないまま受験勉強に入っていっているケースが多いのです。

 

大学受験を考える多くの高校3年生となれば予備校に通いはじめます。

 

もし、学校の勉強が理解不足という状況なら、予備校に行っても成果は期待できないのです。基礎的なことが理解できていないのに予備校に通っても、学校の授業プラス予備校の内容を消化するのは難しいからです。

 

  • 苦手分野・未消化単元だらけ
  • 基礎的な理解が抜けている
  • 学校の授業の勉強が消化しきれていない

 

こういう場合、予備校に通う以前の問題です。

 

このような状況で、予備校に行って受験に向けた勉強をしても、期待できるような成果はありません。まず、できるだけ早く、受験対策に入れるように、自己の学力を引き上げる必要があるのです。

 

予備校のメリット・デメリット

 

予備校のメリット

予備校のメリット・デメリット

予備校にはメリットがたくさんあり、たくさん用意されている講座のなかでも、自分に必要な講座だけを選んで受講できます。つまり、自分用に受験対策に向けたカスタマイズができるのです。これは、塾にはないメリットです。

 

予備校のデメリット

実は予備校には、注意が必要な点もあるのです。

 

自分の学力や、自分の弱い点を正確に把握している受験生はどれくらいいるのでしょうか。まず、これが出来ないと予備校を効果的に活用するということはできないのです。

 

予備校を効果的に活用するには

 

さらに、自分の弱いところを明確に分析して、目指す大学や学部に合格できる「受験戦略」を立てられる受験生となると、もっと少なくなります。

 

つまり、予備校においては受験生自身の学力や学習状況に合わせて、最適な講座を選択し受講して、受験戦略を組んでいくことが重要です。


現役合格するための家庭教師という選択肢

難関私大に現役合格するために家庭教師ができること

では、予備校で成果が期待できない、つまり、自分自身の弱点を見極め、何をどのような講座を選択すればいいというのがわからない受験生の場合、どうしたらいいのでしょう?

 

その解決策の1つとして、「私大専任の家庭教師」という選択肢があります。

 

家庭教師であれば、予備校ではできない、完全マンツーマン授業で、受験生個別の学習上の問題点を解決していけるのです。

 

難関私大に現役合格するために家庭教師ができること

 

学校の勉強についていけない場合

学校の勉強についていけない受験生

学校の勉強に付いていけないと不安がある場合は、大学受験対策以前の問題で、まずは、学校の授業の復習・定期テストを中心に行います。

 

私立高校の場合、先取り授業など、授業教材が特殊な場合もありますが、それにも対応して、成績および学力を上げていきます。

 

学力がついてきた段階で、本格的な受験勉強に切り替えていくのです。

 

本格的な受験対策に入る前に、苦手分野は一通り穴埋めが必要になります。どこで、わからなくなったり、間違ったのかを分析して、基礎までさかのぼってやり直す場合もあり、徹底的に教えます。

 

部活があって勉強する時間がない

部活があって勉強する時間がない

現役学生の場合、「部活があって、ぎりぎりまで十分な勉強時間がとれない」という学生もいます。

 

そのような場合は、やるべきこと、すぐやらなくてもよいことを選択して、最低限の時間で勉強するプランを立てていきます。効果的に学力を伸ばせるような計画を立てるのです。基礎固めが終わった時点で、本格的な入試対策に切り替えていきます。

 

通っている高校のレベルでは難しい

通っている高校のレベルでは私大合格は難しい

受験生が通う高校では、偏差値、大学進学実績が異なってくるのは仕方ありません。

 

ですから、高校のレベルに合わせて勉強していては、難関である上位私大である早慶、上智、理科大などの難問上位私大合格は厳しいということもあります。

 

高校の行う勉強を補って、難関上位に現役合格できる指導をしていきます。

 

本格的な受験対策に入れるよう成績を改善

これらのポイントだけではありませんが、できるだけ早く本格的な受験対策に入れるように成績を改善する必要があります。

 

ただ、これらのポイントは、現在の問題点を解決するためのポイントなだけであって、これらをしたからといって、難関上位私大に合格できるわけではないのです。

 

早慶上智、理科大、青山、明治、中央などの難関上位私大を目指す場合は、偏差値上位の受験生と競うことになりますから、学力を大幅に伸ばしても、他の受験生と同レベルに立ったにすぎません。

 

ここから、どうやって合格圏外から難関上位私大に現役合格させるのか、私大専門家庭教師の腕となります。

 

合格圏外から早慶上理MARCHに現役合格させるノウハウ

 

志望大学や学部による入試傾向の把握

私立大学の場合は、大学の学部ごとに入試傾向が全く違い、同じ大学でも学部によって問題量や難易度・出題範囲・頻出単元などが、大きく変わります。

 

私大受験の最大のポイントとなるのは、受験する大学そして学部の入試傾向に、どれだけ即した対策ができるかどうかです。

  • 大学ごとの大まかな入試傾向の違い
  • 学部ごとに、細かく異なる入試傾向

 

志望校・学部に特化した入試対策

合格に必要なこと、不要なことをはっきりさせから、やるべきことを絞り込んでいく必要があります。

 

実際、受験するのは1学部だけとは限りません。何校もの学校もしくは学部のなかから、メインの志望大学や学部に絞っていきます

 

入試で確実に「合格点以上」取る戦略

科目ごとに、入試問題の難易度・出題頻度なども踏まえて、点数を稼げる問題はどれか、反対に捨てるべき問題はどれか、確実に合格点以上とれる戦略を立てる必要があります。

 

これは、一人ひとり個人によって学力や得意分野、苦手分野が違います。また、記述問題が得意もしくは選択問題が得意などを考慮して、点数を取りやすい分野、問題から優先的に対策していきます。

 

そうして、入試本番に間に合わせるのです。確実に合格点以上を取るための「戦略」も重要なのです。

 

私大受験はやり方次第で結果が大きく変わる

 

自分一人のために最適な勉強方法を考えて戦略を練ってもらうか

それとも

効果の出ない勉強法をこのまま続けるのか

 

難関私大専門のプロ家庭教師」に手伝ってもらうという選択肢も検討してみてはどうでしょうか。

 

まずは資料請求から・・・

 

難関私大に強いプロ家庭教師による、早慶上理MARCH「現役合格」対策。
偏差値40台からでも間に合わせます